ストレス社会を生き抜くための筋トレ方法

日常生活や仕事中で精神的なストレスが掛かる機会も多く
避けて通ることができないのが現状ではないでしょうか。
もしそんな状態であるのであればストレスに潰されずに生き抜くための生活の知恵として
ストレスの対処方法などを身に付けておくことが必要になります。

重要な仕事を任されたが、期限までに終わりそうもない時に
どうすることもできず、誰かに頼ることもできない。
このような状態なれば、精神的にも政治的にも緊張状態となり
血圧の上昇や胃液の大量分泌などが起こります。

ストレスが溜まった時の対処法として常に上位にランクされているのが飲酒ですが
ストレスで内臓が弱ってる状態では深酒や家族が続けば、
かえって体を壊してしまうことにもなりかねません。

ストレスに対する対応は、人間が先天的に持っている正常な自己防衛反応であるといえます。
例えば、山中で可愛遭遇して命の危険を感じたときには、大量のアドレナリンが分泌され
心拍数や血圧が上昇し、汗をかき、すぐにでも全力で戦ったり逃げたりすることが
できるように体の準備が整います。

ところが俺仕事や人間関係でトラブルが起きた時のような場合には、
心拍数や血圧といった生理的なウォーミングアップは完了しているのに
体を動かしてこれを発散する機会がないのです。
発散することができなければ、ストレスがどんどんたまることになり
様々な問題を引き起こすことに繋がりかねません。

近年ストレスの解消法として運動の効果が解明されつつあります。
以前からよく知られているものとしてはベータ・エンドルフィンという物質があります。
これが血液中に放出されると、麻薬のような働きをして痛みや軽食を感じにくくなったり
リラックスしたハイな気分になったりもします。

このベータ・エンドルフィンは軽い運動ではなく中度以上の強めな運動を
行った効果で安く、放出量が多いほどより大きな爽快感を味わうことが
できると考えられています。
また、神経の情報を伝達する物質である「セロトニン」の分泌を促す薬を用いると
うつ病の症状が緩和されることが知られています。
運動を行うことによって脳内のセロトニンを増やす効果が期待できることもわかっています。

筋トレのストレス解消の効果については、まだはっきりと解明されていませんが
経験的には10分効果があると思っています。
またストレス解消のためには、競争を伴わない運動が良いとされていて
筋トレは自分のペースで行われる点においてもとても有効だと思います。

多少疲れている時などでも、仕事で行き詰まったりストレスを抱えるときなどは
あえて筋トレを行うようにしています。
トレーニング中には、疲労感などを感じることもなく、色々な発想が浮かんでくることも多く
色々な良い経験をしています。
トレーニングを行うことによって、良いストレスの発散になり
怒りはいつの間にかなくなってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>