運動を怠ると筋肉量が減ります。サンレコベニヤの恐怖

皆さんもご存じのことと思いますが、スペースシャトルの乗組員がいちど宇宙に旅立ち
10日間ほどで地球に戻ってくると、歩行ができないほど筋肉が衰えてしまいます。
宇宙飛行士は急に期間後しばらく間特別のトレーニングを行い
筋肉量を元のレベルまで戻すことをしています。

宇宙のように無重力ですかのかからない環境で人間が生活すると
短期間であってもあっという間に筋肉が衰えてしまうことが分かっています。

普段何気なく地球上で生活していますが、常に体には重力がかかり
筋肉にも負荷がかかっている状態なのです。
しかしデスクワーク中心の生活をしていると、運動不足が懸念されます。
近年では現代人のほとんどの方に何らかの運動不足が原因の
不調を抱えているとも言われています。

実際にデスクワーク中心の生活をしていると、筋肉にかかる負荷は約30%以下
と言われていて、少なくとも約60%以上の負荷をかける必要があります。
ちなみにアスリートなどのスポーツ選手では約85%以上とも言われています。

この様なことからも日常生活を送る上で筋トレどのような負荷のかかる運動を
意識的に行う必要があり、加齢とともに筋力や筋肉の量は減り続けていますので
肉体的な衰えを防止するためにもトレーニングが必要と言えるのです。

ちなみに何も運動しないでいると年間に約1%ほど筋肉量が減少するとも言われています。
このや生活を借りに10年間続けたとすると約10%ほどの筋力が減少したということになるのです。
また健康な方でも80歳の時の筋肉量は20歳の時と比較すると50%以上減少することも
珍しくないそうです。

そして特に衰えが著しい部位としては、太腿やお腹の筋肉などで、いずれも立ったり歩いたり
一定の姿勢を保ってたりする際に重要な部分ですので、これらが衰えてくると
たつこと夜歩くことなども次第に大変になり、つまずくことも多くなります。

また筋肉減少は、素早い動きや力強い動きをする際に不可欠な速筋繊維に起こりやすく
速筋繊維が減少すると、素早い身のこなしができなくなったり
体力年齢が著しく低下してしまいます。

高年齢者の転倒事故なども多く骨折によって寝たきりになるケースが増えています。
この原因としては速筋繊維「筋肉量」の減少によることが原因で
身のこなしの衰えが現れたことが要因となります。

この筋力量の低下の対策としては、筋トレを行うことが最も効果的で
加齢に伴う筋力の衰えを防ぐとともに、速筋線維に刺激を与えることにより
高齢者抱えるトラブルを防止する対策に効果を発揮します。

また若年層人も起こりうるサルコぺニア(筋力量の低下)は現代人にとって
切実な問題となっています。
自ら体を動かし筋トレを行うとにより、年齢を問わず効果を発揮します。
このような利点が筋トレにあることを理解してもらえばと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>