体脂肪を落とすために筋肉をつけることをお勧めします

日々の生活が忙しく、深夜に食事をしてしまったり、深夜営業のコンビニエンスの
お弁当が日々の食生活に成っていませんか?

現在では都心ばかりでなく、地方都市においても時間に関係なく
いつでも食べたいものが手に入る時代になりました。
そのようなことから便利になった食生活のため、現代人の多くが
カロリーオーバーによるメタボリック予備軍が多くなっている傾向があるようです。

日本人の平均体脂肪率を年齢別に見てみると20代男性の平均値が約15%を下回っています。
しかし年齢とともに脂肪が増えていき、50代では25%程度まで上昇しています。
この原因としてあげられる事は、第一に運動不足があげられるでしょう。

ある団体がスポーツライフに関する調査を行った時の資料によると
年々身体ために運動をしているという人割合がが少なくなっている傾向があるようです。
運動不足は体にとって悪い影響を及ぼします。
体を動かすことによってエネルギーは消費されるわけですが
日々の運動不足が確実に体に脂肪を溜め込んでいくことを手助けしてしまうことになるのです。

また運動不足はエネルギーを消費しないばかりか、筋力低下も助長してしまうのです。
どういうことか説明すると、ご存知の方も多いと思いますが
人間の体は何もしないでもカロリーを消費している「基礎代謝」というものがあります。
筋肉量が減ることにより、その基礎代謝も落ちてしまうのです。

その基礎代謝が減少することにより「太りやすい体」になってしまい、同じ運動量をしても
消費カロリーが減少してしまうことになり、せっかく運動してもなかなか痩せない
「脂肪が落ちにくい」身体になってしまいます。
このように負の連鎖に陥らないようにするためにも、効率よく筋トレを取り入れることにより
筋肉量を維持したり、または必要に応じて増やすことが重要だと言えるのです。

一般的に体脂肪を減らすためには、有酸素運動が脂肪燃焼に効果があるため
例えばランニングなどをすることはとても良いことなのですが、
より効率よく脂肪を燃焼させるためにも、筋トレにより筋肉量を増やすことが
不可欠だと言えるのです。

また短期間に痩せるために無理なダイエットで食事制限などを行うと、
脂肪以外にも筋肉まで減らしてしまうことになり
今までよりもかえって太りやすい体質になってしまいます。

復興り強く健康的に体脂肪を減らす、または維持させるためには
筋トレを実施して、筋肉量をコントロールし
「痩せるために筋肉をつける」と言う事を実践していくことが
1番の近道といえるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>